英語で世界を開く

隙間時間で英語力アップをめざすあなたのために―コツコツ英語学習コーチのブログ

留学経験もない普通の主婦ですが、隙間時間の勉強を続けて英検1級、通訳案内士に合格。少しづつ自分の世界をひろげてきました。自分の世界を広げるために英語を勉強したい方を応援をします。

褒められて嬉しい時

コツコツ英語学習コーチの松本ようこです。

 

先日、小学1年生に絵本の読み聞かせをしました。

 

我が家には捨てられずに埃をかぶっている絵本がたくさんあります。

今度は我が子以外の子どもたちに読んであげるのもいいなと思っていました。

 

たまたま声をかけた人の紹介で、あれよあれよという間に小学校で読むことになりました。

何を読もうかと久しぶりに図書館の絵本コーナーで絵本を探す時間が楽しい。

選んだのはこの2冊。

ã­ã£ãããã (ã½ã£ã½ã©ã¤ãã©ãª ã¿ãã¿ãçµµæ¬) ã¨ã¹ããã¿ (ç°å³¶å¾ä¸)

約30人の小学生全員に伝わるように読む練習をしました。

当日、子どもたちがキャベツと合体する動物の姿にいちいち受けてくれました。

バッタくんのことも心配して聞いてくれました。

 

小さい子たちはかわいい!

 

最後の感想で一番嬉しかったのは、

一番後ろの席の男の子が「読み方が上手でした。」と言ってくれたことです。

 

ありがとう。大きな声で読むのを練習したの、わかってくれてありがとう。

思わず深々と頭を下げてしまいました。

 

大人に直球ストレートで褒められることは、めったにありません。

かりに褒められても

本当にそう思ってます?と勘ぐってしまいます。

ところが子どもに言われるとこちらも素直にありがとうと感謝しますね。

素直に感謝できる時というのは、自分が一生懸命頑張ったと思えている時。

その場合、大人子ども関係なく褒めてくれる人に感謝できるのだと思います。

努力の結果だけにこだわらないで、どれだけ一生懸命に取り組むかに集中すると

どんな感想をいただいても感謝できるものだと今回の読み聞かせで教えてもらいました。

英語を使うときも、自分のパフォーマンスの出来を気にしてびくびくしない。

楽しくなるくらい練習して臨もう。

英語を使いなれないと英語を話すときに普段と違うパフォーマンス力が必要になるのは当たり前。

そう思ってグッドパフォーマーを目指しましょう。

 

次回は5歳の保育園児の前で読むことになりました。

何を読もうか考えることから楽しい。

英語絵本も読み聞かせできるように練習しようと思います。

 

 

 

 

 

薄いテキストで瞬間英作文

コツコツ英語学習コーチの松本ようこです。

 

全31ページ、約300円のテキストで瞬間英作文をしています。

薄いのでかばんに入れて持ち歩き、待ち時間などにぶつぶつ英語にしています。

f:id:pine45:20190720151253j:plain

5年以上前に購入したので、現在、これと同じテキストは販売されていません。

見開きの左ページに英文、右ページに日本語訳がのっています。

日本語を読んでから英語に反訳する練習をします。

 

今日の例文

暑い、晴れた日に食べる冷えたスイカほどおいしいも物はない。

Nothing tastes better than cold watermelon on a hot, sunny day.

 

私は家に帰って初めて家の鍵を持っていないことに気づいた。

It wasn't until I got home that I realized I didn't have my house key.

娘からアパートの鍵をなくしたと連絡があり、あたふたした直後だったので主語をsheに替えて練習!

 

人気の瞬間英作文シリーズは中学校レベルの英文で練習しますが、

このテキストは高校生用なので若干難しいかもしれません。

CDはついていないので、自分でスピードを意識する必要があります。

慣れるとスピードだけに集中する練習ができるでしょう。

別冊は単語が一語抜けているミッシングワード形式になっています。

「高校生から始める現代英語」の語彙増強Replace the Japaneseと同じです。

 テキストは文法項目ごとに例文が並んでいますが、別冊ではシャッフルされています。

 

今日は落ち着いて英語トレーニングをしなかったという日でも、

このテキスト1日分を何回か瞬間英作すると少し安心します。

必要なことだけの薄い、安い、シンプルなテキストで気に入っています。

www.nichieisha.com

 

 

 

洋書を楽しむ

コツコツ英語学習コーチの松本ようこです。

 

こちらでは梅雨らしくない快晴が続いています。

雲が低く重そうに浮かんで、青と白のコントラストが見事でした。

f:id:pine45:20190717004952j:plain

こんな青空を見ると、私が英検1級に不合格になったのを機に始めた洋書多読の1冊を思い出します。

The Great Blue Yonder   青空の向こう

The Great Blue Yonder (PB) 最後は読みながら涙を流すこと必至です。

 

英検1級に不合格になって、語彙力不足と長文を読みなれていないことに気づき、

とにかく簡単な洋書をたくさん読むことにしました。

最初は、Penguin Readers series の薄い本から単語を調べないで読み続けました。

マジックツリーハウス・シリーズ

ジャックリーン・ウィルソンのガールズシリーズ

ハリーポッター 

子どもが読んでいる本を私は英語で楽しみました。

f:id:pine45:20190717070119p:plain  

f:id:pine45:20190717070421p:plain

f:id:pine45:20190717071009p:plain

英語の感覚に慣れるので長文アレルギーはなくなります。

 

 

オーディブルなど音声を使ってリスニングや音読、またはシャドーイングを同時にやっておけば、のちに話す練習で苦労しなかったでしょう。

アウトプットするには多くのインプットが必要ですが、

たくさん読み、たくさん聞き、たくさん声に出すを同時にすると効率的に英語力を伸ばせます。

英語は言葉なので、読んでわかるだけでは使い道も半分。

 

読んで、聞いて、話すのバランスも考えながら英語を楽しみましょう。

 

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強仲間

コツコツ英語学習コーチの松本ようこです。

 

今月から"ZEN AND JAPANESE CULTURE"を読み始めました。

久しぶりに厚い洋書です。

著者は日本人、鈴木大拙

海外での講演などをもとに、外国人が日本文化を理解するために英語で書いた本です。

Zen and Japanese Culture (Bollingen Series)

初版は1938年で、弟子が翻訳した訳書は1940年の発行です。

ç¦ã¨æ¥æ¬æå (岩波æ°æ¸)

 

日本語訳も既に古くて難しい。

哲学的で何を言ってるのか日本語を読んでも??? 頭にすっと入ってきません。

訳書はそれほど厚くはないのですが、洋書は分厚い。

この分厚い洋書を私一人で読んでいたら、きっと投げ出していると思います。

今回は、以前に鈴木空如の仏像画を一緒に観たガイドをしている方に誘われました。

海外から日本の禅僧の修行が注目されてメディテーションが流行し、日本にも逆輸入されているという最近。

日本の文化を学ぶには良い機会なので、一緒に読み始めました。

 

哲学関連の単語はなじみがないので辞書をひかないとわからない。

ひいても抽象的な説明で曖昧な理解のまま読んでいる感じが否めません。

読み始めが一番大変で、これから徐々に慣れてくるはずですが、

1人で読んでいたら止めてるなあと思いつつ進めています。

 

やっぱり、仲間の力は大きいです。

やりたいけどやり通す自信がない時、

共に感想を述べたり、教えあったりできる仲間がいると

一人では難しいことでも最後までやり通すことができます。

今回はゆっくり最後まで読むのを目標に、隔週で読む範囲を決めて読んでいます。

彼女も何年も読みかけのままにしていたので、気にしていたそうです。

 

洋書を読んだり、英語の勉強をする仲間づくりは、

楽しみながら勉強を続ける重要なカギの1つです。

1人でする勉強と仲間と共にする勉強を両立さるのが勉強を長く続けるコツですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

suffer from ~ と suffer の違い

コツコツ英語学習コーチの松本ようこです。

 

suffer と言えば suffer from~ 。

from が付くとだけ記憶しているとリスニングでつまづきます。

リスニングできない理由の1つに、たとえ既知の単語でも知らない用法で使われると戸惑うというのがあります。

 

少し前になりますが、毎日利用している「NAK世界へ発信!ニュースで英語術」で

sufferの単語の後にfromが続かなかったので、あれ、違った?と思った瞬間にアナウンサーの英語は先に進んでいました。

試験のリスニング問題でこんなことをしていると得点できません。

 

知らない単語を聞き取れないのは当然です。

しかし、たとえ覚えた単語でも1つの意味、用法しか知らなければ聞き取りにくいことがあります。

 

www.nhk.or.jp

 

suffer の用法の説明を読み納得してから聞き直すとつまづきません。

ちなみにその説明は、

 
センテンス 3
And coming from a country that suffered atomic bombings, she questioned whether that was appropriate.cal
原爆投下に遭った国から来た彼女は、それが適切かどうかを問いました。
解 説

sufferは、suffer from ...のようにfromを使うときと、sufferのあとに名詞を続けて使うときとがあります。「損害などを被る」というときはfromを使わずに、suffer a loss「損失をこうむる」、suffer damage「損害を受ける」、suffer a defeat「敗北を喫する」のように使います。この場合は、目的語の事態そのものが苦痛であり損害になります。suffer from ...はもう少し間接的で、「~に苦しむ、~で苦しむ、~のために苦しむ」といった感じです。何かの病気に苦しむというときは、suffer from+病名で表せます。
thatは「キノコ雲を学校のロゴに使うこと」を指しています。

 

このNHKの語学サイトには、単語のフラッシュカード機能で楽しみながら語彙を増やす工夫があります。つい意地になって完璧回答を狙ってしまいます。

文ごとの説明もわかりやすいので

時事英語に慣れたい人、アナウンサーが読むスピードに慣れたい人にお勧めです。

 

 

 

 

 

キオスクで英字新聞を買う

コツコツ英語学習コーチの松本ようこです。

 

先週、新幹線に乗って出かけました。  

最寄り駅は、現在、改築中でキオスクがありません。

大きな駅で乗り換えた時に、キオスクで英字新聞を久しぶりに購入しました。

 

the japantimes Alpha   300yen

alpha.japantimes.co.jp

 

私が定期購読していた時はJapan Times Weekly という新聞名でした。

今は、日本の主要な新聞の英字版はネットでも読めますし、

Alphaはネットで読者登録をすると無料で数記事読めるので、

英字新聞の定期購読はしていません。

 

たまたま7月の占いも載っていました。(全く当たっていない気がしますが)

週刊新聞は英語学習者向けに日本語要約、単語の意味も載っていて、

普通紙に比べると記事が短めです。

TOEIC対策や日本の観光案内に関する記事もあります。

1週間で興味のある記事からゆっくり読めるのが気楽でよいです。

英検やTOEICのために語彙を増やす学習と並行して新聞記事を読むと

実際に勉強した単語が出てきます。

単語帳の例文ではなく、記事で出会った単語は記憶に残りやすいですね。

 

スマホや端末でネット記事を読むのも手軽で便利ですが、紙面でじっくり読みたければ、近くのキオスクで英字新聞を購入して試してみましょう。

 

あいにくの雨ふりでしたが、

広い敷地に空間を贅沢に使って建てられた美術館は美しかったです。

 

f:id:pine45:20190702234859j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語の早口言葉 tongue twisters

コツコツ英語学習コーチの松本ようこです。

 

日本語の早口言葉もまともに言えたことがないのですが、

英語の早口言葉を練習する機会がありました。

 

有名なマザーグースの中の早口言葉

Peter Piper picked a peck of pickled pepper;

 A peck of pickled pepper Peter Piper picked;

If Peter Piper picked a peck of picked pepper;

Where's the peck of pickled pepper Peter Piper picked?

舌どころか唇まで噛んでしまいそう。

 

She sells sea-shells on the sea shore;

The shells that she sells are sea-shells I'm sure.

So if she sells sea-shells on the sea shore,

I'm sure that the shells are sea-shore shells.

 英語を習い始めたばかりの中学生も sとsh の音の違いを認識していないことがあるので良い練習になりますが、高難度。こんがらがって難しい!

 

昔、昔、大学でマザーグースを読まされたことを思い出しました。

あの頃は、教授の英語も棒読みに聞こえたし、文学の勉強だと思っていました(-_-;)

その後、母となって子どもに英語でも聞かせようかと

マザーグースの歌の本を買ってCDを流していたこともありました。

自分がリズムに乗って楽しく英語を読む、いえ、歌うお手本を示せなかったので

お蔵入りしてました。

 

しかし最近は参考になる動画がたくさんあります。

CDだけで発音や早口言葉の練習をするより、動画の方がわかりやすいし楽しいです。

www.youtube.com

バイリンガールちかさんもPeterの早口を言えなくてパスしています。

 

www.youtube.com

2人の女の子の仁義なき戦い。早すぎるわ~

 

www.youtube.com

ラップ風にリズムに合わせて徐々に早く言う練習ができます。

リズムに乗るとするっと言えたりして楽しくなってきます。

 

 

完璧にできなくても楽しむつもりで挑戦してみてください。

 

ちなみに

She sells sea-shells on the sea shoreは、ネイティブにも最高に難しいらしいです。

英語の早口言葉 | 英語学習 | EF